上手な核酸の摂り方

日常的な食品では摂取しにくい核酸を上手に摂取する方法を解説しています。
不足すると、細胞の新陳代謝が悪くなり、老化を進める原因にもなりますので、こちらでしっかりと学んで下さい。

核酸の摂取量

核酸の摂取量は、厚生労働省では定められていません。
しかし、各種の研究結果、報告などでは、成人で1日1.5g程度摂取していれば、核酸の効果が発揮できると言われています。
(DNA750mg、RNA750mg)

この必要量は、個人差・年齢差もありますし、代謝機能が衰える高齢者では必要量が増大します。

核酸と相性の良い栄養素

美肌やダイエット、アトピーの予防など、幅広い効果を持っている核酸ですが、単体でとっても十分な働きを見せることは出来ません。
このため、ビタミンやミネラルを同時に補給することが大切です。
以下に特に一緒に摂る事で効果を発揮する栄養素を紹介します。

ビタミンC

細胞や血管の構築や修復を行ったり、ウイルスを不活性化させるような体の防御機能を高める働きがあります。
また、ビタミンCは美容に役立つ細胞の活発化や寿命を延ばすなどの役割があることから、核酸と一緒に美容などへ細胞レベルで活躍します。

ビタミンE

体内の脂肪が酸化すると、過酸化脂質と呼ばれる老化物質ができます。ビタミンEは、抗酸化作用で、この過酸化脂質になるのを防ぐ効果があります。
核酸と一緒に摂る事で、老化予防効果をより高めることが出来ます。

さらに詳しくは、こちらの一緒に摂りたい栄養素を参考にして下さい。

サプリメントで摂取する利点

トップページで記載しているとおり、核酸を含有している食品は、動物性の食べ物が多く、コレステロールや油分を多く含んでいます。
サプリメントでは、このような成分を含んでいませんので、安心して摂取出来ます。

こちらのサプリメントの選び方で、どのようなサプリを選んだら良いかを具体的に説明していますので、参考にしてみて下さい。

・当サイトの利用にあたっては、核酸の効果のトップページにある、注意事項をよく読んでご利用下さい。

スポンサードリンク

Copyright (C) 2009 dna--rna.com. All Rights Reserved.