ビタミンの効果

核酸は、すべての細胞にある遺伝をつかさどる成分として活躍しつつ、美容や、アンチエイジングなど様々な効果で脚光を浴びています。
ここでは、核酸と同様に、美容などに役立つ、13種類のビタミンについて紹介しています。

ビタミンについて

全部で13種類あります。それぞれの効果などを以下に紹介します。

ビタミンA

目の健康を保つ栄養素として有名です。最近では抗酸化作用も注目を集めており、癌予防に役立つことがいわれています。

ビタミンB1

主な働きは、糖質を分解してエネルギーに変換することですので、疲れ易い人などに効果的です。脳の活動にも影響を与えるようです。

ビタミンB2

エネルギー代謝のビタミンとも呼ばれており、脂質を分解しエネルギーへ変換する働きがあります。ニキビの予防を行い、美肌には欠かせません。

ビタミンB6

タンパク質の代謝には欠かせない栄養素です。神経伝達物質の働きにも関与していることから、精神安定にも効果的といわれています。

ビタミンB12

神経の栄養素としての別名があり、ボケ予防などに効果的です。
最近では、妊娠中にも重要な栄養素として活躍することが報告されています。

葉酸

妊娠中の必須栄養素としてお馴染みのビタミンです。葉酸は、胎児の健全な発育には欠かせないのは勿論、不足すると貧血を招きます。

ビオチン

お肌のビタミンとして有名です。ビオチンは、アトピー性皮膚炎や、難病である掌蹠膿疱症などの改善にも働くことが報告されている栄養素です。

ナイアシン

血中コレステロールを低下させる働きなどがあります。また、二日酔いの予防などにも効果的です。

パントテン酸

糖質や脂質、タンパク質の代謝に働いています。
葉酸やビタミンB6と連携して、免疫力を高めることがいわれています。

ビタミンC

コラーゲンの生成に必要な栄養素なので、健康的な肌作りには欠かせません。
抗酸化ビタミンとしても活躍していることから、老化防止やがん予防に効果的です。

ビタミンE

強力な抗酸化作用で、アンチエイジングを応援するビタミンとして働いています。
動脈硬化などの生活習慣病を予防する効果もあります。

ビタミンK

カルシウム、マグネシウムと同じように、骨作りには欠かせない栄養素です。
また、血液を固める働きがあります。

・当サイトの利用にあたっては、核酸の効果のトップページにある、注意事項をよく読んでご利用下さい。

スポンサードリンク

Copyright (C) 2009 dna--rna.com. All Rights Reserved.